ワイモバイル初期費用無料

ワイモバイルの初期費用無料キャンペーンを完全解説!(契約事務手数料無料キャンペーン)
ワイモバイル公式サイト限定のキャンペーンとなります。

初期費用無料の条件1つ

初期費用無料(契約事務手数料)の条件がありますので、ご注意ください。
とはいえ、条件はすごくシンプル!

ワイモバイル公式サイトからの申込み

ワイモバイルの契約には、下記3パターンがあります。
「初期費用無料」は、ワイモバイル公式サイトのみで開催されています。

ワイモバイル契約場所

・WEB契約(ワイモバイル公式サイト
・WEB契約(ワイモバイルオンラインストア(Yahoo)
・店頭契約(ワイモバイルショップ・家電量販店など)

ヤフーが運営している「ワイモバイルオンラインストア」や「ワイモバイル店舗」での店頭契約については、初期費用無料キャンペーンの対象外となります。

ワイモバイルオンラインストア」は、キャンペーンが「ワイモバイル公式サイト」よりも圧倒的に多く、断然お得に契約出来ます。
初期費用有料という加味しても、「ワイモバイルオンラインストア」の方がお得です。
(当記事下部にて、詳しく解説!)

基本的に、「ワイモバイル公式サイト」と「店頭契約」はオススメしていません。

【対象外条件】ソフトバンクからのMNP(SIMのみ)

「ソフトバンクからのMNPでのSIMのみ契約」に限り、初期費用無料キャンペーンの対象外となります。

ワイモバイルオンラインストアを活用すべし!

「ソフトバンクからのMNPでのSIMのみ契約」に限っては、「ワイモバイルオンラインストア」の「SIMカードご契約特典」も対象外となります。

しかし、「どこでももらえる特典(3,000円円分)」の対象となる為、「ワイモバイルオンラインストア」の契約が断然お得です。
実質、ほぼ初期費用無料と言えます。

つまり、「ソフトバンクからのMNPでのSIMのみ契約」の場合、「ワイモバイルオンラインストア」一択です!

また、「ソフトバンクからのMNPでの端末セット契約」の場合でも、「ワイモバイルオンラインストア」からの契約の方がお得になります。

契約事務手数料とは?

今回ご紹介している、「初期費用無料キャンペーン」でいう、「初期費用」というのは正確に言うと「契約事務手数料」となります。

この契約事務手数料は、キャリア(docomo/au/Softbank/楽天モバイル)や格安SIM業者で共通の価格(税抜3,000円)となっています。

契約に際し、必ず発生する手数料で、これを無料化しているのは、現状「docomoオンラインショップ」と「ワイモバイル公式サイト」のみかと思います。

契約時にかかるその他手数料は?

ワイモバイルでの新規契約やMNP転入時に掛かる手数料を解説していきます。

必要な手数料は、契約事務手数料のみとなります。
今回の「初期費用無料キャンペーン」を利用して契約する場合、手数料は掛かりません。

MNP時は、「MNP転出手数料」というものを乗り換え元のキャリアやMVNOに支払う必要がありますが、ワイモバイルに対して支払う「MNP転入手数料」というものは存在しません。

つまり、新規契約でも、MNPでも、必要な手数料は契約事務手数料のみとなります。

初期費用無料よりも6,600円円お得なキャンペーン

ワイモバイル公式サイト」での申込は、今回ご紹介している「初期費用無料キャンペーン」が適用となる為、店頭契約よりも3,300円円お得!となります。

しかし、「ワイモバイルオンラインストア」の方がキャンペーンが豊富で、最大6,600円円お得です!

ワイモバイルのキャンペーンは、当サイト「ワイモバイルキャンペーン」にて完全解説しています。
新規契約(SIMのみ or MNP)・MNP(SIMのみ or MNP)と契約種別ごとに、どこで申し込むのが一番お得か解説しています!

「初期費用無料」のよくある質問

初期費用無料の店舗を教えてください。

初期費用無料キャンペーンは、「ワイモバイル公式サイト」限定のキャンペーンです。
店頭契約では、税込3,300円の初期費用が掛かりますので、ご注意ください。

併用できるキャンペーンはありますか?

ワイモバイル公式サイト」ではその他にキャンペーンがありません。
実は、初期費用無料よりも、「ワイモバイルオンラインストア」でキャンペーンを複数併用する方が最大6,600円円お得です!これも記事内で詳しく解説しています。

対象外条件を教えて下さい。

ソフトバンクからのMNP、かつSIM単体契約の場合には、対象外となります。
その他の場合、新規契約やソフトバンク以外からのMNPでもすべて対象です。
また、ソフトバンクからのMNPであっても、端末セット契約であれば対象となります。

おすすめの記事